ライブディーラーゲームに釘付けになる理由とは?デジタル型ゲームとの違いも紹介

ライブディーラーゲームに釘付けになる理由とは?デジタル型ゲームとの違いも紹介

自宅のパソコンだけではなく、使い慣れたスマホやiPhoneを使ってカジノゲームができるようになりましたね。こういった便利さから日本でも利用者が増えていますが、中でも臨場感溢れるプレイが楽しめるということで、ライブディーラーゲームの人気が急激に高まっています。そして、一度プレイしたら釘付けになる人も多いとか…。

 

一体、デジタル型のテーブルゲームより、ライブディーラーゲームに夢中になってしまう理由とは何なのでしょうか?ここではオンラインカジノで話題沸騰のライブゲームの魅力に触れながら解説していきます。

 

ゲームの進行が機械的ではなくいつも新鮮!

ライブディーラーゲームとデジタル型テーブルゲームの決定的な違いは、本物のディーラーがゲームを進行しているか、RNG搭載のコンピューターによって操作されているか?という点にあります。ライブディーラーの場合は、専用のカジノスタジオからトレーニングを受けた生身のホストがゲームをしていくので、ゲームの雰囲気やスピードが機械的ではありません。

もっと詳しく言えば、ベッティングに躊躇するプレイヤーや、チップの設定に時間がかかる初心者プレイヤーもいます。つまり、本場のカジノでプレイする時と同様に、テーブルに配置されたディーラーやプレイヤーの性質によって、ゲームの流れや進行状況が変わってくることがあるということです。これって、新鮮だと思いませんか?なぜなら、次に何があるかわからないという適度な緊張感が、よりゲーム体験をリフレッシュしてくれるからです。RNG導入のデジタル版ゲームになり、感覚が味わえるのはまさにライブディーラーカジノの醍醐味とも言えます。

 

もちろん、デジタル型のゲームの魅力はマイペースでゆっくりとプレイができるところです。他のプレイヤーのアクションや言葉に左右されることなく、もくもくと遊ぶことができるのが特徴ですが、人恋しいプレイヤーはライブディーラーカジノに流れる傾向があるかもしれませんね。

 

ディーラーとのおしゃべりもOK!質問もウェルカム

ご存じでしたか?ライブディーラーゲームでは進行を任されたディーラーとちょっとした会話もできるのです。ライブディーラーゲームには「チャット機能」がついていて、ゲーム進行の妨げにならない程度の軽いおしゃべりが許されています。

 

たとえば、オンラインカジノ初心者の方が、初めてブラックジャックやポーカーなどをライブでプレイするとしましょう。チップを置くタイミングや次のカードを引く権利などについて、よくわからない場合もあります。そういった時に、気軽に話しかけることができるんですよ。実際のライブディーラーゲームやドリームキャッチャーなどのライブショーでは、複数のプレイヤーの声がゲーム中に飛び交います。それは、まるでスカイプやZoomといったビデオツールを利用して、リアルタイムでおしゃべりをしているかのようです。

 

また、各ソフトウェアプロバイダーが採用しているディーラーは、訓練を積んだプロばかり!なので、プレイヤーからの素朴な問いかけや冗談などに対して、怪訝そうな顔をすることもありません。質問も大歓迎なので、迷いながらゲームプレイを続けるよりも、思い切って質問や疑問を切り出してみましょう。

 

魅力的なライブディーラーゲームが満載!

ライブディーラーゲームというと、ブラックジャックやバカラ、ルーレットやポーカー、アジア圏で大人気のシックボー、ドラゴンタイガーなどが思い浮かびますが、実はライブで遊べるゲームはこれだけではありません。

 

たとえば「ライブショー」と呼ばれるゲームタイプには、モノポリーやドリームキャッチャー、メガホイール、クレイジータイム、ディール・オア・ノーディールなどは、思わず時間を忘れてしまうほど、エキサイティングで盛り上がるゲームでもあります。その他、庶民的なゲームの代表格のビンゴ、ケノ、ダイスゲームなど、とにかくライブ配信でプレイできるゲームは数多く存在します。そのため、今日はブラックジャック、明日はケノ、というように、バラエティに富んだライブディーラーカジノ体験を味わうことができるわけですね。

 

さて、ライブディーラーゲームに釘付けになる理由、何となく理解できましたか?学びが多くワクワクする雰囲気を味わうなら、ライブディーラー一択ですよ。早速、腕を磨きにリアルカジノをに飛び込みましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。