中田翔,巨人へのトレード移籍理由!二岡と矢野の不祥事を日ハムに借り返し

20日にプロ野球日本ハムに所属する中田翔選手が巨人に無償トレードで移籍することが発表されて話題になっています。中田翔選手は8月4日に行われたDeNAとのエキシビションマッチの試合前に同僚である井口和朋投手へに暴行していたことが判明。無期限の謹慎処分を受けていました。

ネットでは栗山監督の発言などから日本ハムの退団は確実で日本プロ野球界からの追放なども噂されていました。しかし、最終的には巨人への無償移籍で収まることに。

中田翔選手が巨人へ無償移籍になった理由については、巨人が中田翔選手を戦力として補強。あるいは過去に巨人がスキャンダルを起こした選手を日本ハムが受け皿となってトレードとして獲得したことがあり、巨人が今回は借り返しという形で日本ハムに恩を返したのではないかと言われています。

中田翔,暴力被害相手が杉谷拳士と梅林はデマ!中田会から予想した結果…

2021年8月11日

中田翔が巨人にトレード移籍した理由

巨人に移籍した中田翔

中田翔選手が巨人に無償でトレード移籍した理由については以下の2つの理由が考えられます。

巨人が中田翔をトレードで獲得した理由

  1. 中田翔を戦力として補強
  2. 過去にスキャンダルを起こした二岡・矢野移籍の借り返し

中田翔を戦力として補強

まず1つ目は、巨人が中田翔選手を戦力として補強したことが考えられます。というのも巨人は今シーズンファーストの選手をスタメンで固定できていなかったからです。

今シーズン開幕以降巨人のファーストはウィーラー選手、中島裕之選手、大城卓三選手、香月一也選手などが日替わりでスタメン。そして、5月以降は新加入のスモーク選手がスタメンに固定されていましたがコロナ事情で6月途中に退団。以降はウィーラー選手と中島宏之選手の2人が主にスタメンとして出場しています。

2021年シーズンの巨人のファーストスタメン出場選手

シーズン後半から終盤に向かうこの時期でもファーストのスタメンは固定されておらず日替わりでスタメン出場する選手が変わっています。それゆえ巨人としてはファーストを守れて実績のある中田翔選手に目を向けたわけです。

巨人の歴代一塁選手を見ると最近では2018年・19年と岡本和真選手が活躍。それ以前は2006年~2010年に活躍した小笠原道大選手や李承燁選手までさかのぼります。岡本和真選手がレギュラーになるまでシーズン30本塁打以上見込める一塁選手が現れず巨人の悩みの種だったわけです。

岡本和真

中田翔選手は今シーズン不調とはいえ、昨シーズンはキャリアハイの31本塁打をマーク。過去に打点王に輝いたこともあり実績としては十分です。巨人には圧倒的な存在感を誇る原監督や先輩である坂本勇人選手が在籍。日本ハムのようなお山の大将というわけにはおきません。

また、セ・リーグとリーグを変えたことを含めて再起を図るきっかけとなったのではないかと。




中田翔の暴力被害相手が杉谷と梅林はデマ

 

二岡と矢野の不祥事を受け皿となった借り返し

2つ目は巨人が過去にスキャンダルを起こした選手の移籍先として日本ハムが受け皿になり、今回はその借り返しとして巨人が受け皿になった説です。巨人は2008年のシーズン中に現在巨人の3軍監督を務める二岡智弘さんがアナウンサーの山本モナさんとの不倫疑惑が報じられました。

巨人3軍監督を務める二岡智弘

(画像:二岡智弘さん)

2008年の二岡智弘と山本モナの不倫疑惑

(画像引用:http://www5.nikkansports.com/)

最終的に二岡智弘さんと山本モナさんはホテルに入ったものの男女の関係には至らなかったとのこと。二岡智弘さんは山本モナさんとの不倫疑惑が報じられたことで2008年オフに日本ハムの2対2の交換トレードで移籍することになります。

また、このトレードでは林昌範さんも一緒に巨人から日本ハムへ移籍。林昌範さんも移籍前に元交際相手に自分の全裸写真を送っていたことが週刊誌に報じられていました。日本ハムとしてはスキャンダルを起こした二岡智弘さんと林昌範さんの受け皿としてトレードを受け入れた可能性が高いわけです。

そして、二岡智弘さんと山本モナさんがホテルに行く前、2人は友人たちと一緒に常連のバーで飲んでいたことが分かっています。その飲みの席には現在日本ハムのコーチを務める矢野謙次さんも同席していたのです。

日本ハムコーチの矢野謙次

(画像:矢野謙次さん)

矢野謙次さんは当時2軍でリハビリ中。バーには二岡智弘さんに連れてこられたとのこと。リハビリ中にもかかわらず矢野謙次さんはべろべろに酔い、全裸カラオケを熱唱。二岡智弘さんはそんな矢野謙次さんの陰毛をライターで焼く悪ノリをしていたことが報じられています。

二岡智弘さんの不倫疑惑の印象が大きかったため同席していた矢野謙次さんに関しては当時そこまで話題になりませんでした。とはいえ矢野謙次さんも放出候補になっていたのです。しかし、矢野謙次さんはケガでリハビリ中。チームの主力でもないことから受け入れ先が見つからず巨人に長年残留していたようです。

矢野さんは数年前、二岡さんと『夜遊び』してました。しかも、怪我してる最中に。で、二岡さんはすぐ放出されましたが。矢野さんは怪我してたせいで、どこの球団もトレードに応じませんでした。怪我してる選手なんて、よほど軽傷じゃないと獲らないでしょう。無償トレードだとしても選手枠の問題ありますから、なかなか難しい。




その後、矢野謙次さんは2015年に日本ハムにトレード移籍。二岡智弘さんと山本モナさんの不倫疑惑騒動から7年後に報いを受けることになったわけです。

2015年に矢野謙次が日本ハムにトレード移籍

つまり、巨人としては過去にスキャンダルを起こした選手を日本ハムがトレードという形で引き取ってくれた。そして、今回中田翔選手を過去にスキャンダルを起こした選手を引き取ってくれた借り返しとして獲得したことが考えられます。

ネットでも巨人の中田翔選手の獲得は二岡智弘さんと矢野謙次さんを引き受けたことに対する借り返しではないかとの声が多数確認できます。

本当に良かった。ハム巨人間は二岡矢野を引き受けた件もあるし、その恩返しみたいなところもあるのでは。また中田翔も坂本が居れば好き放題は出来ないだろうし、丸や菅野など同年代に主力が多いから馴染み易いだろうし、本人が再起するには良い環境だと思う。あとは家庭の基盤くらいかな。

中田のトレードは二岡や矢野の件もあるから代わりに引き取ったって印象よね。更生施設としては適当な気がするよ。

これは単なる憶測かもしれないけど、巨人は二岡の件の借りを返した感じかな?

 

中田翔の年俸は日払いで巨人が負担

また、気になるの中田翔選手の年俸を日本ハムと巨人のどちらが負担するのか。プロ野球ではシーズン中に他球団に移籍した場合、移籍先の球団側が日払いで年俸を負担することになるようです。

プロ野球ではシーズン中に移籍すると、移籍先が選手の給料を負担する。

年俸は日割り計算になります。1年を300日(2月から11月)で計算されます。

例えば、年俸3000万円の選手は日給10万円とされ、6月15日にA球団からB球団にトレードされた場合、A球団は2月から6月15日までの135日分の1,350万円を、B球団は165日分の1,650万円を負担する事に決まっています。

中田翔選手2021年度の年俸は推定3億4,000万円。300日で割ると日給は約113万3,333円。月給は30日として計算すると約3,400万円になります。8月末までの10日間と9月、10月、11月の給料を合計すると約1億1,30万円を巨人が負担することになります。

ちなみに中田翔選手の2021年の年俸ランキングは球界全体で11位。日本ハムではダントツの1位で巨人でも菅野智之選手(8億円)、坂本勇人選手(5億円)、丸佳浩選手(4.5億円)に続いて4位にランクインします。また、巨人の2021年における総年俸は49.9億円。ソフトバングの62.2億円に次ぐ2位です。

上記のことから中田翔選手の引き取り先は年俸の面からも限られていたのです。過去に日本ハムがスキャンダルを起こした巨人選手の受け皿になっていたことを踏まえると、中田翔選手が巨人に移籍するのは必然的だったのかもしれません。

中田翔の暴力相手が杉谷と梅林なのはデマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です