FIFAワールドカップ2022の招集メンバー26人がついに発表!

FIFAワールドカップ2022の招集メンバー26人がついに発表!

2022年11月20日に開幕するサッカーW杯カタール大会の日本代表メンバーが、11月1日に発表されました。注目選手の当落はどうなったのか気になりますよね。

そこで今回は、カタールワールドカップで戦う日本代表の選手たちをご紹介します。

ワールドカップ 2022サッカー日本代表メンバー

まずは、今回選出されたサッカー日本代表をポジションごとに発表します。

ワールドカップ 2022サッカー日本代表GK

  • 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
  • 権田修一(清水エスパルス)
  • シュミット ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)

日本のゴールマウスを守るキーパーポジションには、3名が選出されています。川島永嗣選手は、3大会連続の選出となりました。

ワールドカップ 2022サッカー日本代表DF

  • 吉田麻也(シャルケ04/ドイツ)
  • 長友佑都(FC東京)
  • 酒井宏樹(浦和レッズ)
  • 中山雄太(ハダースフィールド/イングランド)
  • 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
  • 板倉 滉(ボルシアMG/ドイツ)
  • 冨安健洋(アーセナル/イングランド)
  • 山根視来(川崎フロンターレ)
  • 伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)

続いて、DF陣をご紹介します。ここは、大きなサプライズはなかったかと思います。

ワールドカップ 2022サッカー日本代表MF

  • 遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
  • 柴崎 岳(レガネス/スペイン)
  • 南野拓実(モナコ/フランス)
  • 伊東純也(スタッドランス/フランス)
  • 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
  • 堂安 律(フライブルク/ドイツ)
  • 守田英正(スポルティング/ポルトガル)
  • 久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
  • 田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
  • 三笘 薫(ブライトン/イングランド)

MFでは、これまで日本代表を支えてきた原口元気選手が落選。

さらに、セルティックでユーティリティープレーヤーとして活躍する旗手怜央選手が、まさかの落選となりました。これに対してセルティックの地元紙も驚きを持って報じていました。

ワールドカップ 2022サッカー日本代表FW

  • 浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
  • 前田大然(セルティック/スコットランド)
  • 相馬勇紀(名古屋グランパス)
  • 上田綺世(セルクルブルージュ/ベルギー)

今回選出されたメンバーは、FW全員が相手の裏のスペースをつき得点をしていく選手であり、前線から積極的にディフェンスをしていく選手たちです。チーム全員で守りながら、少ないチャンスを物にする戦いをするのだという意志を感じます。特に、名古屋グランパスの相馬勇紀選手の選出は驚きでした。事前のスポーツ紙の予想では当落線上ということもあり、少ないチャンスをモノにした形です。

一方で落選した選手で驚きだったのが、セルティックで10試合で8ゴールを挙げる活躍を見せている古橋亨吾選手。さらに、ニュース速報でも流れるほど驚かれているのが「ハンパない」男、大迫勇也選手の落選でした。森保ジャパンの最多得点選手で、これまで日本代表の最前線で体を張ってくれていた選手なだけに驚きましたね。

ワールドカップ 2022サッカー日本代表選出に対する反応は?

ここからは、選出されたワールドカップ2022サッカー日本代表メンバーへの反応を見ていきたいと思います。ここでは、特に気になったセルジオ越後さんと元日本代表FWの城彰二さんのコメントを記載します。

セルジオ越後のコメント

まずは辛口コメントが多くフォーカスされるセルジオさんのコメントです。

後ろのポジションはベテランが多く、前に若手が多いな。これは若いスタミナで最前線から走り回って守るための選考であり、日本はある程度守備が安定しているから、さらに失点を防ぐためのメンバーだな。森保監督は守ってカウンターで、うまくはまれば1-0で逃げ切り、0-0でもいいと思ってるのだろう。でも先制点を与えてしまったら、反撃するのは難しいよ。

とした上で、

サプライズはまったくなかった。そもそも落ちてサプライズと思わせるほどのスター選手もいないけどね。かつてのカズや俊輔は落選してサッカーに興味がない人も驚いたけれど、今は選手の名前も知らないからね。

と話しています。逆にサプライズ選出もなく、これまで戦ってきたメンバーに対する信頼感が大きいことが分かりますよね。

城彰二のコメント

続いては、元日本代表FWの城彰二さんのコメントです。

フォワードが前田選手と浅野選手と上田選手の3人しかいない。だから、たぶん攻撃しないんだと思うよ。だって起点がつくれないから、守備的に入ってという流れなのかな。大迫選手は入ると思っていたけどなあ。

と首をかしげていました。ワントップが起点を作るこれまでの日本代表の戦い方ではなく、FWがまずは最初のディフェンスをするのだ、と考えているのでしょう。

最後に

サッカーワールドカップ2022の代表メンバーも発表され、来週には現地にてキャンプを敷くことが発表されているサッカー日本代表。スペイン・ドイツといった超強豪国、南米の強豪国コスタリカとのグループリーグをなんとか突破し、目標とするベスト4を達成してもらいたいですし、グループリーグを突破できたらそれは夢ではなくなると思います。日本国民を上げて、全員で応援しましょう!