ヤクルト中日戦で高津監督が猛抗議!二塁嶋田塁審がアウトジャッジをせず

9月13日に行われたプロ野球の中日とヤクルト戦において試合終了後の高津監督の審判団に対する猛抗議が話題になっています。問題となったのは9回表のヤクルトの攻撃。1アウト1,2塁から代打川端選手がセカンドゴロを放ち1塁ランナーの西浦選手が挟まられる形に。最終的に西浦選手はセカンドフォースアウトになったのですが、2塁塁審がその際にアウトのジャッジをせず。

その間に3塁ランナーの古賀選手がホームに突っ込むもアウトになり試合終了。高津監督は2塁で西浦選手がフォースアウトになった際に2塁塁審がアウトジャッジをしなかった曖昧な判定に対して審判団に猛抗議を繰り返しました。

ヤクルト中日戦で高津監督が猛抗議!2塁塁審がアウトのジャッジをしなかったこ

ヤクルト対中日の高津監督猛抗議騒動まとめ

1アウト1,2塁で代打川端がセカンドゴロ。

セカンドの堂上が1塁ランナー西浦をタッチアウトしに行く。

1塁ランナーの西浦はタッチを回避。堂上はすぐさま1塁送球も1塁はセーフ。

その間に西浦はセカンドに向かうが挟まれる。

先にショート京田がセカンドベースを踏んで西浦はフォースアウト。

ここで2塁塁審がアウトのジャッジをせず。

その間に3塁ランナー古賀がホームに向かうもホームイン前にタッチアウトで試合終了。

高津監督は2塁塁審がアウトジャッジをしなかったことに猛抗議。

高津監督としては西浦選手がセカンドでフォースアウトになったことを2塁塁審がしっかりアウトジャッジしていれば、3塁ランナーの古賀選手がスタートを切らず2アウト1,3塁で試合が続いていた可能性を考慮して猛抗議を行ったと思われます。

 

二塁塁審は嶋田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です