日本でのVPNの様々な使い道

日本でのVPNの様々な使い道

VPNとは?

VPNとはVirtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略称で、VPN接続することで個人を特定されずに通信内容も暗号化されインターネットにアクセスすることができます。このため、「悪意のあるハッカー」「個人情報取得をビジネスとする業者」に特定されずに通信が可能です。またVPNは海外に居ても日本から接続しているかのようなインターネット環境を作ることを可能にしてくれる仕組みなので身元もわからないようになっています。

日本国内でVPN接続サービスを利用すること自体は法律違反にはなりません。しかしながら、VPNを利用した「薬物の犯罪」「著作権侵害」「ウイルスの拡散」等の違法行為は禁止されおり処罰の対象になります。特に注意が必要なのは、日本では著作権を侵害するファイルのダウンロードは法的に処罰される可能性があります。

VPNを使用する理由

期本的に個人情報を守るためとアクセスできないサービスにアクセスするための2つの理由でVPNを使う人がほとんどでしょうが、以下は日本サーバーでのVPNの使用理由の例です。

  • フリーWIFI利用時のセキュリティを守れる
  • 海外から日本のサービスにアクセスできる
  • 日本から海外限定のサービスにアクセスできる
  • 航空券やホテルを安く予約できる
  • YouTube PremiumやNetflixなどのサブスクサービスを安く利用できる

VPN自体は仮想のトンネルを構築することによって、データを盗まれたり、データを改ざんされたりすることのリスクをできる限り低くするための技術です。通常のネットワークよりも高いセキュリティを持っているとは言えます。

上記ではVPNを使うべき理由をいくつかご紹介しましたが、実際の理由は1つだけです。その一番大切な理由とは現代のデジタル世界でVPNはユーザー情報やデータを保護する重要なツールの1つであるということですが、自分の安全(と安心)については自分で責任を持って自分の正当な権利であるセキュリティを確保しましょう。